Metal Garage
HM/HRとか日常とか思いつくまま
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ギターを買った・・・ - いまだ手元に届かず・・・
最近良く近所の楽器屋に寄ってエフェクターやらギターを眺めていた。
同年代の店員と話すようになり、世間(メタル)話とか「自分がまたギターを弾こうかなぁと考えている」事とか、「10年ぐらい前に中古で買った"Gibson Explorer"(オレのはExplorerIIかも、色はチェリーサンバースト)のリペア(修理)をしたいので、エクスプローラーが手元に無くてもギターがいじれるように、手頃な値段(10万以内)で面白い(引きやすいとか、出る音に特徴があるとか)ギターがあれば買おうかと考えている」みたいな話をしたら「いつでも、触ってみたいギターの音を出していいですよ」って言ってくれた。

しかし、「ギターをいじりたい」とか「新しいのが欲しい」って思っているのは楽器屋にいる時だけじゃないので、Webなんかでもフラフラとギター関連のサイトを見て回っていた。
そんで感じた事
”レスポール カスタム(黒)ってすんげ~カッコイイ”
”ジョン・サイクスもカッコイイしなぁ”(パーツをゴールドからクロームに替えてある、ピックアップも変更されている)

ただ、今のところは"ビンテージ(年代物)"とか"レスポール 54年のリイシュー(復刻版?)"とか"ヒストリックコレクション(コレも復刻もの)"には興味ないし、自分の持っているギターが中古でかなりパーツが交換されていてオリジナルから"かけはなれている"ので新品のギターが欲しいと考えていた。
(カスタムも復刻モノではあるんだけど比較的チョクチョク出ていたので、本気の復刻版やヒスコレよりは安価で入手可能だった)
今回オレが考えているエクスプローラーのリペアというのは「可能なかぎり工場出荷状態に戻して欲しい」って事なので、リペアをするお金でギターの1本くらい買えてしまいそうな気がする。
そんな事もあって購入予定のギターはバカ高くないものって考えていたんだけど・・・
レスポールカスタムって「今はラインでの製造は終了してしまっている」という認識だった。
なので中古しか出回らない。あるいはGibson社からではなくGibson社で製造されたギターを加工するカスタムショップから出荷されて復刻版とかと同じような値段になってしまう。
楽器屋の店員もそんなような事を言っていた。
(そんな話をしていた段階では俺はレスポールカスタムが欲しくなってきたって事は店員には言っていない)

オレはWebで見かけた"Ibanez"SA Prestige SeriesあたりかSZ Series(コレはマーティ・フリードマンモデルの原型かも)あたりを触ってみたいと思っていた。

そんで後日また楽器屋へ行って「アイバニーズを触らせてもらえないか?」と聞こうとしたのだが、オレの触りたいモデルが無かったので「アイバニーズのSAとかSZのシリーズはないですかねぇ」って聞いてみた。

「今は無いですねぇ、他の店舗から借りてくるんで届いたら連絡しましょうか?」と言ってくれたので
「お願いします」って答えた。
せっかく店に来たんだから、他に触ってみたいギターあったら試奏させてもらおうと思い、グルグルと店内を物色していた。

エピフォン(ギブソンの子会社的な会社)とかHISTORY(島村楽器のオリジナルブランド、上位機種は日本製)のレスポールカスタムとか、ぎぶそんの・・・ギブソンの・・・Gibsonの?・・・レスポールカスタム・・・置いてあるじゃん・・・やばい・・・手に汗かいてきた・・・

ヒストリックコレクション(以後ヒスコレ)のレスポールカスタムもあるけど、何も書いてないカスタムもあって、ヒスコレは40万円くらい、何も書いてないカスタムは29万8千円。
カスタムの前で固まるオレを見つけた店員が
「前にも言いましたけどコレ今製造してないから結構探して入荷したんですよ」
・・・セールストークとわかっちゃいるけど、そんな事を言われると
・・・マジでやばいんですけど・・・
正直なぜかあせっていたオレがどんな顔になっていたか不明だが
オレ「例えば別の機会に"カスタムが欲しい"って思った時にコレがあるかは・・」
店員「全く分からないですよね。中古を探せばあるんでしょうけどね。」
と言い残し、他の客を見つけて去っていった。

この段階でコレ買おうって決めてしまった。

・・・だって出会ってしまったから・・・

ちなみに表面の塗装が一番キレイだったのはHISTORYフジゲン製)だった。
が、オレが欲しいのはGibsonのレスポールカスタム
それはもう"作りがしっかりしているか"とか"良い音がするか"とかとは別で完全に所有欲が勝ってしまっている。
(だって最初は安くても面白いギターが欲しいって楽器屋を訪れたわけだから)

その後店員に「良かったら鳴らします?」って聞かれたので
「お願いします」って事で買うのを決めた後で試奏するという逆転現象が発生。
店員「他に鳴らしたいモノありますか?」
オレ「カスタムってこれ以外に何本かあるんですか?」
店員「今あるのはコレとヒスコレだけですね。後はヒストリーとか・・・」
オレ「じゃあ、コレだけでいいです(あ、店員が話してる最中だったのに遮っちゃった)」
店員「分かりました。マーシャルにつなぎましょうか・・・あ、やっぱりコッチにしましょう」

といってつないだのは「Diezel」のHerbertというアンプが乗っかったマーシャルのキャビネット(スピーカー)。

このアンプがまたスゴイ!
「クリーンな音のチャンネル」と「歪ませた音のチャンネル」と「すごく歪ませた音のチャンネル」の独立3チャンネル(スイッチで切り替える)。
ギターのチューニングをした後、店員がそれぞれのチャンネルで適当にセットアップしてクリーンチャンネルの状態でギターをオレに渡して
「じゃあ、好きに鳴らして結構ですよ」って・・・

音でかいんですけど・・・恥ずかしいんですが・・・
まぁいいかって開き直ってボロロン~ってコードを適当に鳴らして、
歪ませた音も聞いてみようかって事で「すごく歪ませた音のチャンネル」のスイッチを入れて鳴らしたら

ジャキ~ン


・・・慌てて右手で音を止めてしまった。
なんじゃぁコリャ・・・すんごい歪んでるし、音がでかいじゃんかぁ・・・
まぁ誰もきいてないかぁ。と改めて開き直って「ジャキジャキゴリゴリ」たまにホワイトスネイクの"Crying In The Rain"のリフ(ピッキングハーモニクス混じりのフレーズを)弾いてみたり、6弦(一番音が低い弦)を開放で"ガッガガ・ガッガガ"と鳴らしていた。

店員がどっかから戻ってきて「ジョン・サイクスですね。どうですか?」って聞いてきたんで
オレ「すごいっすねぇ、このアンプ」・・・

・・・しまった・・聞かれたのはギターについてだ・・・

店員「・・・・このピックアップはハイゲイン(良く歪む)のアンプと相性いいですよ」

ナイスフォローだね。
別にギターをこれ以上褒めなくたってオレは買うよ。

オレ「んじゃ、コレもらえますか」
店員「ハイ!じゃあギターを一旦お預かりしますね。あちらに座っててもらえますか」
なんやかんやと手続きをして、このギターを一度調整してから渡したいと言われ、それを承諾して帰った。

家に着くとケータイが鳴り、楽器屋から連絡が入った。
店員「今ギターをチェックしていましたら指板に小さなクラック
   (ヒビとか欠け)が見つかりました。
   プレイをするのに問題は無い程度なんですが、
   一度信頼できる工房に出して直してから
   Takaさんに納品したいんですけどいいですか?」
オレ「別に構いません」
店員「1週間程度でお渡しできると思います」
オレ「んじゃ、お願いします」


ってやり取りがあってから1週間、まだオレの手元にレスポールカスタムは届かないんです。

※追記 この話を友人に話すと、ほぼ100%に近い感じで「完全に買わされたね」と、もっぱらの評判です・・・
・・・いいんだい・・・欲しかったんだから・・・
コメント
この記事へのコメント
ヒスコレ
ギター好きです!
2011/02/28
(月) 17:27:36 | URL | ゆずつばき #OdQZonTw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。