Metal Garage
HM/HRとか日常とか思いつくまま
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Lloyd Spiegel - 某楽器屋でのインストア・ライブ
Timber & Steel今日は某楽器屋でオーストラリアのブルースマン、ロイド・スピーゲルという人のインストアライブをみた。
(生活圏がばれてしまう・・・)
ライブといっても「コール・クラーク」というギター(このギターもオーストラリア製、ジャック・ジョンソンなんかも使ってるらしいよ)のプロモーションのようで20分~30分のショウを2回やったのだけなんだけどね。
コール・クラーク」のページで聴こえてくるのがロイド・スピーゲル(恐らく期間限定だと思うのでお早めに)。
でかくて若いブルースマンだった。
ギターも声もでかくて楽器屋のスタジオ(バンドとかが練習するスタジオにパイプ椅子を並べてやった)のアンプ通す必要ないんじゃないかと思ったけどエレアコのプロモーションである以上はつなげてやるんだね、きっと。

楽器屋の兄貴は「アコギのレイボーンっすよ」っていってた。
ギターの生の音もアンプから出てくる音も聴こえる距離で観られたのはすごいお得だった。
確かにプレイもフィンガーピッキングだけどアタックの強い音を出す人で(アンプから出てくる音は柔らかいんだけど)、なんとなく楽器屋の言わんとしている事も理解できた。
高めの椅子に座り足元に箱を置き、足でリズムを取るとバスドラのように「ドンッドン」って鳴らしながら弾いているのは普通なのかね。
(じかに床を足で叩いてもあんなに「ドンッ」てならないでしょ)

音は爽やかなんだけど、空調の位置が良くない(スピーゲルの真上に風の吹出し口がある)ために汗を滴らせてプレイしているのはちょっと辛そうだった。ただでさえ汗をかきやすそうな風貌なのに・・・

会場で売ってたCDを買い、ショウの後で「良いショウだったよ。日本の滞在を楽しめるといいね」と声をかけてCDにサインしてもらった。
なかなか日本はいい所だと思っている事や今回は1ヶ月ほど滞在するらしい事を聞いた。
いまは梅雨であんま良い季節じゃないから次はもっと良い季節に来たらいいよなどと言ってみた。
じめじめした日が続いてるけど今日はなかなか心地よく過ごせた。
[Lloyd Spiegel - 某楽器屋でのインストア・ライブ]の続きを読む
スポンサーサイト
Lacuna Coil - Karmacode
イタリアのゴシック・メタルバンド4作目。
別にゴシックだろうがなんだろうがオレにはどうでもいい事なんだけど。
2002年のオズフェストに出て話題になったらしい。男のボーカルと女のボーカルがいるんだけど、歌メロがよい。
最近取り上げるアルバムの中では珍しくデスボイスが出てこないバンド。
きっとサウンド的には比較対照は"KORN"とかになるのかなぁ。
女のボーカルの声とメロディが(ギターやらドラムらと同様)もう一つの楽器っぽくてすごく気持ちよい。
本来バンドのサウンドって、そういうものなんだろうけど、すごく実感できるアルバム。
このバンドは初めて聴いたけど、以前のアルバムもチェックしてみようかな。
全部英語で歌ってるみたいだけど、イタリア語じゃダメなんだろうか?
マーケットがでかいのはわかるけど、なんかもったいない気がする・・・
Karmacode
(2006, Italy)
このアルバム3曲目のプロモ
このアルバムからじゃないけどライブ
[Lacuna Coil - Karmacode]の続きを読む
Janis Joplin - Cheap Thrills
Cheap Thrills (Exp)
しかし再発盤の未発表テイク
とかひっくるめて
ボーナストラックって
何とかならないのかなぁ。
買いなおさなきゃダメなのか?
説明するまでも無く聞こえてくる音はチープじゃない。
彼女の音楽を聴くと何もしたくなくなる。
でジャニスのボーカルだけじゃなく
"Bigbrother & The Holding Company"
の演奏もテンション高いんだよね。
ベタだけどサマータイムあたりのギターなんてほとんどバトルだよ。
6曲目"Oh, Sweet Mary"のギターとベースとドラムの絡みとかマジきてる。
オレの持ってるCD・・7曲しか入ってないんだけど・・・
[Janis Joplin - Cheap Thrills]の続きを読む
Led Zeppelin - IV
Led Zeppelin IV "聴き所満載"っていうか聴き所のみで作られたような作品。
グッとくる曲ばかりで聞き終わると「あ、終わっちゃった(もっと聴いていたい)」と思ってしまう。
だけどオレ"Zep"のアルバムってコレしか持ってなかった・・・
  ・・・その事を「今」知った・・・
  あぁショック・・・ orz
  トリビュートアルバムは2枚持ってるんだけど・・・
  ・・・どうなってんだ?
ちとトリビュートアルバム聴いてから面白そうな曲があったらオリジナル買ってみようかなぁ。。。
[Led Zeppelin - IV]の続きを読む
Linkin Park - Meteora
以前はあまりミクスチャー系のHR/HMって聴かなかったんだけど、 デスメタルというかヘビー系のバンドでも"Soilwork"とか他にも 咆哮と歌うパートを上手い具合に練りこんで美味くまとめているから コッチ系もオレにとっては冒険ではあるけれど試してみた。
聴いてみるとなかなか面白いバンドだなぁと感じた。
全体を通して聴くと物足りなさを感じてしまうのだけれども・・・
7曲目の"Faint"は秀逸だね!
メテオラ (通常盤)
[Linkin Park - Meteora]の続きを読む
Kreator - Enemy Of God [Bonus Tracks]
なんだかドクロとかおぞましげな顔のジャケットが多いなぁ。
仕方ないか、そんな感じのアルバムが実際多いし、意図的にそうしたくなってしまったのだから・・・
そうなるとやっぱりロキシー・ブルーをあそこのタイミングで入れたのが失敗に思えてきた。
2005年の頭に出した"Kreator"のアルバム。
"Coma Of Souls"に感じたサウンドの線の細さはそれ程感じない。
むしろ力強くなってバンドの音が相当ガッチリしている。
エネミー・オブ・ゴッド









ボーカルの弱さも改善されて
曲も良く練られて
メロディーも生きてるし、
全体のまとまりもGood!
アークエネミーのマイケル・アモットの参加
というのも贅沢だし曲数が多過ぎな事を
除けばかなりイイ作品だわ。
[Kreator - Enemy Of God [Bonus Tracks]]の続きを読む
Lääz Rockit - Annihilation Principle

このアルバムのジャケ裏に掲載されている写真で見るとルックスはウェインズ・ワールドそのままなんだけど、サウンドはというと"なかなかどうして"硬派で切れ味の鋭いリフの応酬で気持ちが良い。
ギターの音はやたらとメタリック。ベイエリアクランチ恐るべし。
ボーカルがシャウトしないでバラードみたいな曲だと歌えるのに、シャウトすると一本調子でもったいない。
さらにアルバムに収録されている曲はほとんどシャウトするもんだから"もったいない曲"だらけ。
他のアルバムも聴こうという気にならなかったんだなぁ。
惜しいっ。
[Lääz Rockit - Annihilation Principle]の続きを読む
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。